美容オイルをお探しの方に、選び方にポイントとおすすめの美容オイルをランキングでご紹介しています。肌に優しくて保湿効果が高く、エイジングケアとしても使えるような高品質な美容オイルを厳選しました。満足のいく美容オイルを見つけられない方は、ぜひこちらをご覧いただければと思います。

美容オイルを選ぶときの注目ポイントとは?

満足度の高い美容オイルを選ぶコツ
純度100%のオーガニックにこだわっているもの
美容オイルを選ぶときに一番注意していただきたいのが純度100%のオーガニックにこだわっているかどうかです。鉱物油よりも植物性オイルの方が圧倒的に肌に優しいですし、美容効果も高くなります。価格の安さに惑わされることなく、肌のことを一番に考えて選ぶことを強くおすすめします。
酸化を防ぐ処方になっているもの
美容オイルは全般的に酸化しやすいという特徴があります。酸化は肌を老化させる原因となりますので、肌にとって良くありません。したがって、酸化を防ぐ処方になっているものを選ばないと、肌に負担となってしまうので、しっかりと確認することをおすすめします。
べたつきを抑える処方を採用しているもの
美容オイルの保湿効果は気に入っているけれど、ベタ付くのが苦手という方もいらっしゃると思います。そこでおすすめしたいのが、べたつきを抑えて処方を採用し、サラサラ感を実感できる美容オイルです。オイルの種類や配合バランスにこだわることで、サラサラ感を生み出しているものもあるので、ぜひおすすめしたいと思います。

美容オイルおすすめランキング

マルラオイル
南アフリカにあるマルラの木の実から抽出した希少なオイルを100%使用した純度100%オーガニックな美容オイルです。他のものは一切配合されていないので、完全無添加となっており肌に優しいという特徴があります。マルラの木の実から抽出したオイルは非常に抗酸化力が高いため、酸化しにくいというメリットがあります。しかも浸透力が高いため、いつまでも肌に残ってベタ付くということもありません。
100%オーガニック:◎ 酸化を防ぐ処方:◎ べたつき防止:◎
リマーユスキンオイル
天然の馬油を使用して作られた美容オイルです。無香料・無着色・パラベンフリーとなっており、無添加処方にこだわっているところがポイントです。創業130年を超える製薬会社リバテープ製薬が、医薬品レベルの品質で製造しているので、安全性に優れているところが魅力となっています。馬油はべたつきがなくサラサラしているという特徴があります。
100%オーガニック:○ 酸化を防ぐ処方:○ べたつき防止:◎
アプリージュオイルS
杏仁オイルを使用して作られた美容オイルです。抗酸化力に優れたオリーブオイルから抽出したスクワランを配合しているので、酸化しにくいという特徴があります。他にもホホバオイル・キャロットオイル・ヨクイニンエキスなどの植物エキスをたっぷりと配合しています。
100%オーガニック:○ 酸化を防ぐ処方:○ べたつき防止:○
もち肌本舗2層エッセンス
ロースヒップ・アルガン・スクワラン・パーム・マカダミア種子・ホホバといった6種類の天然オイルを使用して作られた美容オイルです。天然オイルの他にも、16種類のエイジングケア成分と4種類のヒアルロン酸が配合されています。オイル以外の成分も多く含まれるので、美容オイルというよりは美容液に近いといえるかもしれません。
100%オーガニック:△ 酸化を防ぐ処方:○ べたつき防止:○

最もおすすめしたい美容オイルはこちら!

満足度が高く一番おすすめしたいのは「マルラオイル」です!
純度100%のオーガニックにこだわっている
⇒ 鉱物油は一切使用せず、植物由来のオイルだけを使用して作られています。しかも、オーガニック栽培の植物から抽出したオイルだけを使用しているので、肌にとても優しいという特徴があります。
酸化しにくい処方を実現
⇒ 抗酸化力が強いといわれるオリーブオイルの約10倍の抗酸化力を持つマルラの実から抽出したオイルを使用しています。酸化や劣化に非常に強いという特徴があるので、肌への負担が大幅に軽減されています。
ベタ付きにくいオイルを厳選して使用
⇒ マルラの実から抽出したオイルはべた付き感がなく、サラサラしているという特徴があります。しかも浸透力が高いため、肌表面に留まる時間が少なく、すぐに角質層に浸透するため、塗った瞬間から肌がサラサラしてます。

純度100%のオーガニック処方で酸化を防いでくれる美容オイルは「マルラオイル」だけ!